不動産売却の流れSTEP1

 

【STEP1 資金計画】

 

不動産のご売却を考えられるご事情、スケジュールによって、ご売却方法は変わってきます。

住みかえを考え始めたら、まずは不動産会社に相談をしてみましょう。

(1)「所有不動産がどれ位の価格で売れるか」

(2)「住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか」

(3)「税金や手数料といった諸経費をどのくらい見込めばよいか」

などについて、売主様の状況にあった売却方法を提案してもらえます。

 

◆売却に必要な資金

 

住まいを売却される場合でも、税金や仲介手数料などの諸費用がかかります。
※条件によっては、税金は発生いたしません。

つまり、売買金額から、諸費用を差し引いた残りが手取り金額となるわけです。

 

売却金額-諸費用=手取金額

 

◆諸経費の内訳

 

諸費用の内訳は以下のようになっています。

仲介手数料 仲介物件については、成約の際に規定の仲介手数料(消費税および地方消費税含む)を申し受けます。
税金 印紙代
売買契約書に貼付する印紙代です。
所得税・住民税
売却によって譲渡益が出た場合、住民税、所得税がかかります。
3,000万の特別控除が受けられる場合には、発生しない可能性があります)
ローン諸費用 ローンが残っている場合にかかる抵当権抹消費用(司法書士への報酬)などです。
その他 引っ越し費用などです。

 

◆譲渡金への税金

 

お住まいを売却されて譲渡益が出た場合、その譲渡益に対して所得税、住民税がかかります。

ただし、ご自宅(居住用の資産)をご売却の際は、3,000万円までの特別控除が利用できたり、所有期間が長いと税率が軽減される特例を選択できる場合があります。

 

 

次のページへ(STEP2調査・査定)

ホームへ